お急ぎの方はこちら

お問合せ・資料請求

お役立ちコラム

家族葬での香典はいる?いらない?どうしたら??

香典を辞退されることもある家族葬。家族や親族、親しい友人だけで行う家族葬は自由度も高く形式にとらわれていないことも多いため、一般葬に比べて作法などで不安を感じることも多いといわれています。
今回は、家族葬における香典について考えていきましょう。

家族葬の香典の相場

家族葬では、故人や遺族の意向によって訃報連絡や葬儀案内などで「香典辞退」としている場合があります。
訃報連絡や葬儀案内などで「香典辞退の意向が示されている場合」には香典を渡さないことがマナーです。

家族葬に参列する場合

「香典辞退の意向が示されていない場合」には一般的な葬儀同様に香典を渡します。

両親 5万〜10万円程度
祖父母 1万〜3万円
兄弟姉妹 3万〜5万円
叔父・叔母 1万〜2万円
そのほかの親戚 5,000〜1万円
友人 3,000〜1万円
職場の上司やその家族 5,000〜1万円
職場の同僚や部下、またはその家族 5,000円

香典のマナーについて詳しくは下記にて解説しております。
リンク:「香典の選び方から金額、書き方やマナーを徹底解説

香典辞退の意向が示されていなくても、香典を差し出すとき、香典辞退の意向を示された場合は、無理に香典を押し付けるのではなく、先方の意向を尊重することがマナーです。
香典をいくら包もうかと考える前に、まずは喪主が香典を受け取ってくれるかどうかを確認しておきましょう。

家族葬に参列しない場合

訃報連絡に香典辞退に関する記載があれば、香典を送らないようにしましょう。

どうしても香典を渡したい場合は、前もって喪主側に確認します。
もし了承されたら後日弔問して渡すか、現金書留による郵送で香典を送ります。

また、相手がお返しする必要の無い弔電は家族葬でも断られるケースが少ないため、どうしても弔意を伝えたい場合には弔電を送るという方法もあります。
その他に、線香やロウソク、果物や菓子類などのあとあと残らない供物をお送りする方法もあります。

リンク:「弔電とは?書き方や料金、注意点を解説

家族葬での香典を渡すポイント

不祝儀袋は香典を納める袋であり、「香典袋」などとも呼ばれます。家族葬において香典を渡す際、不祝儀袋のマナーを心得ておく事も大切です。

リンク:「香典の選び方から金額、書き方やマナーを徹底解説

家族葬の香典で喪主側が気を付けるべきこと

香典返しの負担を減らすことで故人との時間をゆっくり取ることができるのも家族葬のメリットの一つともいえます。
香典辞退をするかどうかについては、故人様のご意向をくみつつ、ご遺族の間でよく話し合って決めることが望ましいです。
不明な点があれば葬儀社へ相談しましょう。

香典辞退の伝え方

故人の訃報連絡や葬儀案内をお伝えする時に香典辞退の意志についても明記するのが望ましいです。
喪主様によっては葬儀当日の受付にも張り紙などを用意し、香典辞退の旨を明記することもあります。

参列される方の中には、どうしても故人に弔意を示したいとお考えの方もいるため、香典辞退の伝え方によってはトラブルになる場合もあります。
香典辞退に際しては「誠に勝手ですが」「お気持ちだけでも頂戴いたします」などなるべく角の立たない表現を使用しましょう。
また故人の遺志である場合は、「故人の遺志である」ということを明記するのが望ましいです。

香典辞退に関しては葬儀社へ相談してください。
地元の葬儀社であれば、地域の実情にも詳しいため、案内看板など、具体的な提案をしてくれます。

また香典辞退の意を示していても、参列者や弔問者から「どうしても」と香典を出されることもあります。
受け取る方、受け取らない方の差が出ないように対応をあらかじめ決めておいてください。
香典は弔意でもあります。相手の弔意を尊重する(受け取る)ことも選択肢のひとつです。

家族葬での香典返し

家族葬の香典返しは、基本的に一般葬と同じで問題ありません。
香典返しの相場は貰った香典金額の3分の1(3分の1返し)、もしくは半額(半返し)が一般的です。
地域により慣習が異なる場合もあるため、事前に葬儀社に相談してみましょう。

香典返しのタイミングには、後返しと即返し(当日返し)の2種類があります。即返しの場合は香典をいただいた方全てにその場で同じ品物をお返しします。一方で後返しは四十九日の法要まで無事終わったことを報告する四十九日の法要後に香典返しを行います。

即返し(当日返し)を選択することで、後からの負担を減らすことができます。

会社からの慶弔金について

遺族が会社に勤めている場合、会社から慶弔金を受け取る場合もあります。
慶弔金は香典と違い福利厚生の1つでもあります。そのため慶弔金へのお返しは基本的に不要です。

お気軽にお電話下さい。 0120-915-362