お急ぎの方はこちら

お問合せ・資料請求

お役立ちコラム

横浜市の斎場で人気のランキング

横浜市は神奈川県の政令指定都市で人口365万人・18の行政区を保有し、全国の市町村で見ても大阪府の約277万を抑えて第1位になる市になります。そんな大都市、横浜市の斎場で口コミが多かったり、利用率が高いなど弊社独自の観点で人気ランキングを作成しました。

是非とも今後、横浜市で葬儀を執り行う際の検討材料にしていただければと思います。

横浜市の葬儀場ランキング

横浜市斎場の傾向として現在火葬場が不足しているので年間を通じて混み合っている場合が多いです。火葬場近くには民間葬儀社も多く存在しますが、当然ながら利便性が良いので金額的に高額な事が多いような気がします。弊社は費用を抑えた公営斎場での葬儀を得意とする葬儀社になりますのでランキングは公営斎場が中心となっております。

1位 横浜市北部斎場

横浜市東部に位置する横浜市緑区の公営斎場になります。火葬場と式場が併設しているので人気のある斎場です。4式場を完備していますが人気がある分、年間を通して非常に混み合っているので日程を優先させる場合などには近隣の貸斎場を利用して葬儀を執り行います。

2位 横浜市戸塚斎場

横浜市南部に位置する横浜市戸塚区の公営斎場になります。火葬場と式場が併設しているので人気のある斎場です。2式場を完備していますが混み合っている際には近隣の貸斎場をご提案させていただきます。

3位 横浜市南部斎場

横浜市南部に位置する横浜市金沢区の公営斎場になります。火葬場と式場が併設しているので人気のある斎場です。

4位 久保山斎場

横浜市東部に位置する横浜市西区の公営斎場になります。こちらは火葬場施設のみとなりますので近隣の貸斎場がいくつかありますので、そちらを利用して葬儀を執り行います。

5位 西寺尾会堂

横浜市東部に位置する横浜市神奈川区の民間斎場になります。こちらで火葬を行った場合、横浜市から補助金が支払われます。斎場料金も公営斎場に比べると割高になっています。

その他

東部市営斎場建設のお知らせ(仮称)

本市では、今後ますます少子高齢化が進展し、2025(令和7)年に高齢化率は26%を超えると見込まれています。死亡数についても増加していくものと見込まれ、火葬需要は増え続けていくことが予想されています。
 現在、本市の斎場は市営4斎場、民営1斎場で運営しており、これまでも市営斎場の運用面では様々な工夫をしてきましたが、それだけでは将来にわたる火葬の安定供給を確保することは難しい状況となっています。
 本市では、こうした状況を喫緊の課題と認識し、今後増え続ける火葬需要に対応するため新たな斎場を整備することとしました。 ※横浜市ホームページより

横浜市の家族葬・葬儀会場一覧 | アイセ・メモリアル神奈川 (isememorial.co.jp)

横浜市の家族葬・葬儀の費用相場

横浜市での葬儀費用の相場は全国平均120万円と同じくらいとなります。特徴として火葬自体が混み合っているので葬儀日まで3日以上かかる事が普通になっています。その分、安置料やドライアイス代も葬儀費用に加算されます。お住いの地域を教えていただければ近隣の公営斎場をご提案させていただきます。

横浜市から支給される補助金について

葬祭費の支給の手続きに関するお問い合わせは住まいの区の区役所保険年金課保険係へお問合せください。注意点としてご家族から手続きを行わないと市からは何をお知らせが来ません。

【74歳以下で横浜市国民健康保険にご加入の方】

国民健康保険の加入者が死亡したとき、その葬祭を行った方に葬祭費が支給されます。

支給額・・・・・・5万円

<申請者>
国民健康保険の加入者が死亡したとき、その葬祭を行った方

<申請に必要なもの>

  • 申請する方の本人確認書類
  • 喪主の確認ができる書類(葬儀店の領収書、請求書または会葬礼状など)
  • 金融機関の預・貯金通帳又は口座番号などの控え

※申請者以外の方の口座に振り込む場合は、印鑑(申請者名で朱肉を使用するもの)が必要です。

※横浜市ホームページより

アイセ・メモリアルの家族葬の特徴について

弊社がご提案する家族葬は横浜市の公営斎場を利用するので式場料の負担も少なく、葬儀費用自体も料金を抑えて提示しています。費用相場も全国平均120万円に対して弊社がご提案する葬儀費用は60~80万円程でご案内しております。

葬儀費用の明朗会計を目指しておりますので事前に概算のお見積書を提示させていただきます。家族葬であればお見積書費用から大幅な金額の変動はありません。

詳しくはこちらをご覧ください。家族葬プラン | アイセ・メモリアル神奈川 (isememorial.co.jp)

まとめ

葬儀を行う上で費用だけで判断せずに、メリット・デメリットも踏まえて葬儀社を決めたのが良いかもしれません。葬儀社に相談する際もメリットだけを伝えてくるのではなく、デメリットのしっかりと教えてくれる信頼のおける葬儀社を選ぶ必要があります。その為にも事前に数社と事前相談を行う事をお勧め致します。

ご不明な点ございましたら、アイセ・メモリアルに電話・メールにて、24時間365日お問い合わせ・ご相談ください。

オリジナル商品のご紹介

愛慕

画像をクリック

「愛墓」それは自宅で故人と寄り添うかたち

自宅に仏壇がない、お墓を持たない、または永代供養や散骨によってお骨が手元にない、拝む場所がないという方々に向けて、 「場所を選ばず置ける墓石 ”愛慕”」をご提案します。

この記事を書いた人

小林 栄樹(事業本部長)

資格
・厚生労働省認定 葬祭ディレクター1級
・グリーフケアアドバイザー2級

神奈川県に生まれ、愛川町半原の自然豊かな町で育ちました。
営業職を経験後、葬儀業界に身を投じて20年以上の大ベテランです。
納棺師を運営する会社で「現場~マネージャー」の経験を経て葬儀社に転職しました。その後、老舗・中堅葬儀社など様々な現場責任者の経験を積み、現在のアイセ・メモリアル神奈川にて主に運営・管理者として精進しております。
趣味はサウナ・ゴルフ・妻とグルメドライブで、家族を一番大切にしています。
座右銘は「我即宇宙・我以外皆我師」です。

あわせて読みたい

家族葬の費用を安く抑える6つの方法とは?

家族葬というと費用が極端に安いと思われがちですが、それは一部のみの事実です。一般葬と比べると会葬する人数が少ないため、接待交際費(料理・返礼品)の節約は期待できます。しかし、家族葬では香典収入が期待……

お気軽にお電話下さい。 0120-915-362