お急ぎの方はこちら

お問合せ・資料請求

お役立ちコラム

家族葬での祭壇はいる?いらない?

家族や親族、親しい友人だけで行う家族葬は自由度も高く形式にとらわれていないことも多く、費用を抑えられたり親しい方々だけで気兼ねなく過ごせたりすることからも、近年需要を伸ばしています。
とはいえ、祭壇や遺影がない葬儀は失礼にあたるとお考えの方は多くいらっしゃいます。
しかし家族葬に限っていえば、祭壇がなくても失礼にはあたらないとわたしたちは考えております。

今回は、家族葬における祭壇について考えていきましょう。

祭壇とは

葬儀会場の正面に飾られているのが祭壇になります。

元々は葬儀の儀式に必要な道具やお供え物を並べるための台として設置されておりましたが、供物や供花を供えて華やかな祭壇とし、故人を弔い遺族や弔問客の心を癒したり、故人を表したりするものへと変化してきています。

白木祭壇

仏式でもっとも代表的な祭壇は『白木祭壇』と呼ばれるもので、相場は30万~100万になります。
白木でひな壇のように段が組まれ、非常に荘厳で落ち着いた印象を与えます。
地域や宗派(一部の宗派を除く)に合わせて袖部分などの仕様変更ができ、多様な葬儀に対応できる高い拡張性をもっています。

花祭壇

近年スタンダードになりつつあるのが、たくさんの花で飾り付けつけ、祭壇を彩った『花祭壇』となっています。
中でも生花を用いたものは『生花祭壇』と呼ばれ、色とりどりの生花を使って作られた祭壇は、デザイン性がとても高く、生花の香りに癒されるため、選ばれることが増えております。
使う花の種類や量で大きく金額が変わりますが、20万~50万が相場となります。

折衷祭壇

白木祭壇に花をあしらった『折衷祭壇』という形態もあり、白木祭壇の厳かな雰囲気と花々の華やかさのどちらの印象も兼ね備えていることが魅力です。
公営斎場によっては生花が禁止されている場合もあるのでご希望の際は事前に葬儀社にご相談下さい。
造花や生花の種類にもよりますが、50万~70万が相場となります。

自由な祭壇

また、無宗教の葬儀では、キャンドル祭壇や遺影や棺を囲んだ小規模な祭壇、金属やガラスなどでつくられた祭壇など、演出の自由度の高い祭壇もみられるようになってきております。

家族葬での祭壇の選び方

家族葬で祭壇を設置する際は花祭壇が選ばれることが多いですが、選び方について考えていきましょう。

宗教を重んじるか

ご信仰されている宗教があれば、そちらの作法や礼儀にのっとって葬儀の支度もする必要があります。
花祭壇であれば多くの宗派で対応可能となります。葬儀社や寺院などに相談を必ずするようにしてください。

葬儀の規模合わせた祭壇

葬儀の規模(参列者の数や会場の大きさ)にあわせた小さめの祭壇を選びましょう。
大きさだけでなく、予算内で収まるかも大事なポイントとなります。
家族葬は、遺族など、生前近しい関係のあった人だけで、静かにお見送りするものが多いため、葬儀の規模は小さくなります。

故人様の希望に沿うものを

故人様をイメージできるような祭壇や、故人様の好みにあわせた祭壇を是非お選びいただきたいと思います。
それまで歩んできた人生をイメージできる装飾にしたり、故人の好きだった花や香りを選んであげたりするとよいでしょう。
好きなお色であったり、ご趣味やお仕事であったりのイメージについては葬儀社へご予算と一緒に相談してください。

花祭壇のメリットとデメリット

家族葬では花祭壇が多く選ばれております。
なぜ選ばれるのか、メリットとデメリットを把握していきたいと思います。

花祭壇のメリット

花祭壇の最大のメリットは、自由度デザイン性が高いことです。 故人様への最後の贈り物ともいえる花祭壇は形式にとらわれないため、故人様への思いを込めることができます。 又、家族葬で会葬人数が減少することで祭壇両側に飾る生花の数が減っても祭壇自体が生花なのでお棺に入れる 花はある程度確保することができます。

自由度の高さは無宗教者の方にもメリットとなります。

自由に飾りつけができるため、親族や親しい間柄のみで執り行う家族葬とは、非常に相性がよいです。 使用する花の種類だけではなく、花以外の物を自由に選べるため、故人の希望を取り入れたり、故人のイメージを演出したりできます。

具体例

  • 故人様の生前の愛用品
  • 故人様の趣味のお品
  • ゴルフコースや釣堀など、故人様がお好きだったものを祭壇で再現

花祭壇のデメリット

花祭壇の最大デメリットは、選ぶ花の種類や祭壇のデザインによって、高額になる可能性があることです。

また、使用する花や祭壇の規模、デザインなどを決めるにあたり、詳細な打ちあわせに時間が必要となります。
故人様がお亡くなりになってからでは、打合せの時間をとることが難しいため、あらかじめ希望や意向などをまとめ、イメージ写真や資料を用意しておくことをおすすめします。

生花をつかうため、どうしても花粉が落ちやすい環境になってしまいます。
花粉症などアレルギーを持っている方もいらっしゃるので、使うお花を変えるなどの配慮が必要になることもあります。
また、お花の香りが苦手な人のことも考え、適度に換気するなどの配慮が必要でしょう。

生花を使う場合のデメリットには、季節によってどうしても用意できないお花があることや、夏場の公営斎場などは夜間冷房が切られる為、斎場内が高温になるので注意が必要です。
冬場のご葬儀の場合は暖房に注意が必要なことがあげられます。

生花祭壇は温度や温風に弱く、直接温風に当たると一晩でしおれてしまうこともあるため、石油ストーブや電気ストーブを使用するなどの配慮が必要となります。

アートフラワー(造花)を選択することで、価格を抑えたり、季節の難しさや、温度の問題にも対応できるので葬儀社に相談してください。

家族葬の祭壇についてのまとめ

祭壇は、残された家族が故人のためにしてあげることのできる最後の贈り物です。

費用を多くかければいいというものではなく、故人のことを想いながら好みを考えて選ぶことに意味があるとわたしたちは考えております。宗派によっては宗教者に相談も必要となります。
また、ご自身の葬儀を家族葬でとお考えであれば、是非葬儀社へ事前相談をおすすめいたします。

あわせて読みたい

家族葬とは?内容や注意点を解説

家族葬は従来の盛大な葬儀とは異なり、ごく親しい身内のみで見送る葬儀のことです。
家族葬の具体的な内容や流れがよくわからない方も多いでしょう。本記事では、家族葬の内容や注意点について解説していきます。

エンディングノートとは?書き方やメリットを解説

エンディングノートの作成について「何を記載すればよいかわからない」「いつから始めるかわからない」など、不安や疑問を抱えている方も少なくありません。
そこで今回は、終活の第一歩といわれるエンディングノートの基礎知識や、基本的な書き方、作成するメリットなどをまとめました。

お気軽にお電話下さい。 0120-915-362